Updated : 10月 15, 2019 in 痩身エステでの痩せ方

痩身エステって痛いの?気になる理由と対処法を紹介!

スリムになりたい人にとって、とても魅力的な方法が、痩身エステですよね。痩身エステでの施術が痛いことがあるって、聞いたことがあるでしょうか。なぜ痛いのか、対処法はあるのか、知っておくと痩身エステを選ぶときに役立ちます。

痛みを感じるのはセルライトのケアメニューに多い!

痩身エステにはたくさんのメニューがありますね。痛みを感じるケースは、セルライトのケアを行っているメニューで多くなる傾向があります。個人差がありますが、セルライトのケアのときには痛みを感じるかどうかが、メニュー選びのひとつの注意点です。

セルライトケアのマッサージが痛いときがある

セルライトとは、脂肪の周りに老廃物がたまり、硬くなった部分です。お腹周りや太腿にデコボコした部分ができるので、気になりますよね。すっかり硬くなってしまったセルライトは、自分でマッサージしたくらいでは、なかなか消えてくれません。

エステでは、たまった老廃物をほぐして、リンパの流れをよくするために、強いハンドマッサージなどを行ってくれます。マッサージと聞くと、気持ちいいイメージがありますね。でもセルライト除去のためのマッサージが、けっこう痛いときがあるんです。

「痛かった」という口コミもある

実際に痩身エステでセルライトのケアを受けたことがある人たちの口コミなどをチェックすると、「セルライトのマッサージを受けたらしばらく痛かった」「ハンドマッサージの力が強くてびっくりした」なんていう内容もあります。ちょっと怖くなってしまいますね。セルライトが多い人ほど、痛みを感じる傾向があります。

痩身メニューを上手に選ぼう

痩身エステにはたくさんのメニューがあるので、どうしても痛みが怖い人は、なるべく痛くない方法の施術を選ぶといいですね。本格的な契約の前のお試しプランも活用しましょう。

痛みを和らげる方法と避ける方法

施術中のハンドマッサージによる痛みが気になるなら、スタッフの方に痛みを伝えて、力を加減してもらいましょう。もしエステティシャンの技術面が心配なら、次回からは他のスタッフを指名させてもらえると助かりますね。

帰宅後など時間がたってから痛みを感じるのは、揉み返しが起こっているためです。筋肉痛の対処法と同様、患部を10分程度、冷やしてあげましょう。

また痩身マシンを使ったお手入れのなかでも、キャビテーションやEMSなら、痛みを感じることがあまりないので、安心です。キャビテーションは超音波を使った部分痩せに効果的な方法です。EMSは電気の刺激によって筋力を鍛えてくれる方法です。

体験プランを活用しよう

痩身エステのメニューには、自分の体質に合うものも、合わないものもあります。痛みは個人差があるので、同じ方法でも気になる人もいれば、耐えられる人もいます。

継続して通っていけるかどうか判断するためには、最初の痩身エステやメニュー選びが大切です。多くのエステが、お試し価格で体験できるプランを提供しているので、ぜひ申し込んでみましょう。痩身マシンやハンドマッサージを実際にうけてみて、続けられそうかどうか、判断できますよ。

まとめ:体験プランでマッチした痩身エステを選ぼう

痩身エステのメニューによっては、痛みを感じるケースはしばしばあります。無理に我慢しなくてすむように、できるだけ体験プランで実際のメニューを受けておきましょう。自分にあったエステを上手に選んでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です